映画予告編!無料動画集!思い出の映画ばかり!
懐かしい映画予告無料!動画集!の相互リンク
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
Dolls
JUGEMテーマ:恋愛映画 一般

Dolls





Dolls 北野武・ビートたけし


キャッチコピーは「あなたに、ここに、いてほしい。」


一般的な批評としては、日本的情緒に溢れた映画で色彩が美しいと賞賛する声がある一方、


日本的なオリエンタリズムが受け入れがたいとする声もある。


しかし、3組の全く別々の男女たちが深い意味を持ちながら交錯し、


そして登場人物たちが物語を経ていくうちに、


それぞれの未来や希望を見出して新しい人生を歩み出そうとしていこうとするにも関わらず、


「死」というあまりにも単純で無情な現実を描いた作品として、


北野武監督は「これまで一番、最も暴力的な映画である」と発言している。


評価する者は他の作品に比べ比較的少ないが、


北野武監督の持つ暴力性が最も残酷なかたちで描かれた作品として、


色遣いと衣装の美しさだけではない、


作品自体の本質的な完成度の高さを評価する者もおり、ファンからの賛否は分かれている。


ロシアでは大ヒットし、およそ2年に及ぶロングランとなった。


この作品でロシアにおけるステータスを確かなものとし、後の北野武監督のロシア向けCM出演につながった。


↑ウィキペディア(Wikipedia)フリー百科事典引用




これは、結構ズシーンとくる作品でしたね。


んーーーちょっとヘビーでした。


私は北野武監督らしい作品だと思いましたけど。。。


三部作にするというのも、さすがという感じでした。



5000円以上のお買物で送料無料!(海外・離島除く)《中古DVD》Dolls[ドールズ]

| 日本の映画 | - | - | pookmark |
仁義なき戦い
JUGEMテーマ:映画 予告

仁義なき戦い・完結篇



仁義なき戦い・頂上作戦






1973年、東映配給網により正月映画第2弾として公開。

監督深作欣二。シリーズを通しての主演は菅原文太。製作東映京都。

公開時の併映は『女番長 スケバン』。シネマスコープ。99分。

仲間を裏切り、裏切られることでしか生きられない若者たちを描いた。

本作の特徴として手持ちカメラによるブレや、方言による迫力あるセリフの応酬が挙げられる。

助監督をつとめた土橋亨はインタビューで以下の点を指摘している。

“ (i.e ドキュメントタッチになった原因について)

土橋 そうね。とにかくミッチェル・ズーム


 [i.e 映画撮影用のカメラのこと。パナビジョンの前に使用された。

深作はこれにズームレンズをつけて、かつ、ライティングにより光量減をカバーするという手法を選択した] というのはこの映画が初めてだったし、成功した要因だろうね。

それだとシンクロ(同時録音)できるからね。

アフレコだったら広島弁のやりとりが噛んでいくあの感じ、絶対出ないんですよね。

アフレコだとどうしてもスターティックになるから ”

第一作の制作前にシリーズ化が決定されていたが、

予想以上の大ヒットとなり興収は邦画の中で年間第2位となり、

21世紀の現在も名画座を満員にできるコンテンツである。

長らくビデオ化されなかったが、

その間も土曜日のオールナイトなどでシリーズ作がよく上映された。

1987年12月にレンタルビデオがリリースされ、

邦画としては桁外れの売上を達成し、以後もロングセラーを続けた。

深作欣二の代表作。

↑ウィキペディア(Wikipedia)フリー百科事典引用

 

さんまさん。ダウンタウンの浜田さんも「仁義なき戦い」のファンと公言されています。

しかも、タランティーノも。

暴力映画をこれだけ、二枚目に、エンターテーメント性を持たせているのは、そうそうない様な気がする。

しかも、大迫力のカメラワーク!!!

テンポがはやいストーリー展開。

最高です。

何回、見ても飽きません。

菅原文太が似合いすぎです。

かっこいいの一言の映画!





深作欣二監督映画ポスター
仁義なき戦い5部作一挙上映
  
 

「仁義なき戦い」伝説
 


オマケ!ダウンタウンと菅原文太










 仁義なき戦い/オリジナルサントラ
  


 送料無料!!【DVD】仁義なき戦い/菅原文太 スガワラ ブンタ
 
| 日本の映画 | - | - | pookmark |
HANA-BI
JUGEMテーマ:映画 予告
HANABI






1998年公開の日本映画。
製作会社はバンダイビジュアル、オフィス北野、TOKYO FM、テレビ東京。

監督、脚本、編集、挿入画、演出は北野武。


主演はビートたけし、岸本加世子。妻や同僚の生と死、


そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。


第54回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作品。


金獅子賞を受賞した日本映画は「無法松の一生」以来40年ぶり。


↑ウィキペディア(Wikipedia)フリー百科事典引用


 


やっぱり、北野映画の最高傑作ではないでしょうか。


北野映画の最高傑作となると


ソナチネと迷ってしまうところですが。。。


北野映画のメッセージ性は高いと思います。


ビンビン伝わってきます。


愛なんていうチープな言葉はいらない。


行動あるのみ。


するか、しないかは


自分で決めるしかない。


いくか。ひくか。



HANA-BI
 



JOE HISAISHI MEETS KITANO FILMS
ポリドール 久石譲/JOE HISAISHI MEETS KITANO FILMS


| 日本の映画 | - | - | pookmark |
| 1/2PAGES | >>